魚沼地方で作られた魚沼産コシヒカリ。日本一と呼び声高い最高級魚沼こしひかりの通販・販売

トップページ > 魚沼コシヒカリの生産者について

魚沼産コシヒカリの生産者

「魚沼豊穣」の生産者、根津健雄さん

「魚沼豊穣」の生産者、根津健雄さん

魚沼産コシヒカリ「魚沼豊穣」の生産者、根津健雄さんは有機JAS認定の完全無農薬栽培を心がけています。河岸段丘に位置する新潟県十日町市(旧・中魚沼郡川西町)は、魚沼産コシヒカリや豪雪地帯として全国に知られていますが、実は美味しい野菜の産地でもあります。地域の気候風土が、品質の良い農産物づくりに適しているのだと思います。この地域ではいもち病(稲に発生する病気)の多発地帯にも関わらず、農薬や化学肥料は一切使っていません。慣行栽培より稲をまばらに植えるなど、安全な農法で病害を防ぐ工夫をしています。無農薬での稲作は、害虫や病気とのたたかいに悩まされます。ですが、安全でさらにおいしいお米を目指し、消費者の楽しい食卓のお役に立てることを願っています。地域にあった健康な稲づくりに向けて、様々な研究と工夫を凝らしているこだわりの生産者といえます。

「魚沼の逸品」の生産者、佐藤敏明さん

「魚沼の逸品」の生産者、佐藤敏明さん

魚沼産コシヒカリ「魚沼の逸品」の生産者、佐藤敏明さんは人里離れた山間地の棚田で、農薬や化学肥料を押さえた新潟県認証の特別栽培を実施しています。お米の美味しさは、土・水・気候が大きな要素となります。栄養たっぷりの棚田の土、雪消えと共にミネラルを含んだ豊富な湧き水、米作りに適した寒暖の差、魚沼地方にはこの3つの要素を備えています。棚田での農業は平地と比べ困難な面もありますが、この稲作に恵まれた環境だからこそ生まれる味覚を大切にしていきたいと考えています。田植えから稲刈り・乾燥・精米まで全て家族で対応しており、斑点米やクサネムが混入しないよう、色彩選別とガラス選別をかけてから真心込めて発送いたします。特別栽培の認証は、実際の基準値より優れた数値の減々栽培となっており、食に対するこだわりを持った生産者といえます。

「魚沼の実り」の生産者、農業生産法人(有)大地

「魚沼の実り」の生産者、樋口還生さん

魚沼産コシヒカリ「魚沼の実り」の生産者、樋口還生さんが所属する(有)大地は1999年に新潟県中魚沼郡津南町において認定農業生産法人として発足しました。一般的に使用されている肥料とは違い、徐々に効果を発揮される有機質ボカシ肥料を使用しています。追肥をほとんど必要としないのでお米本来の甘みが実感できる、味覚を優先した稲作を心がけています。農産物は安心・安全かつ高品質で美味しいものを目指し、地域のパワーを活用しながら消費者の皆さんに御満足いただけるよう努めております。降り積もる雪を自然冷エネルギーとする「雪室庫」として利用し、農産物を保管・貯蔵することで環境にやさしいエコ冷蔵を実施しております。魚沼産コシヒカリだけではなく、とうもろこしやアスパラガス、雪下にんじんや枝豆等、様々な農作物を育てている環境に優しい農業生産グループといえます。